会いたい心

「付き合ってそんなに経つのに、まだまだ‘目新しい‘気持ちで付き合えるもの?」
と、友達は驚きました。
私自身、彼との関係を新しいままだとか古くなるだとか考えたことはありません。
ただ、お付き合いが始まって2年と少し。
私は何も気持ちに変化が無いのです。
むしろ、付き合うほどに好きになって深いところまで入り込んでいくような感覚さえありました。
そのような感覚を抱いているのですから、当然「倦怠期」というものもありませんでした。
彼もまた、私に対して冷たい態度を1回も取ったことがなく
「常に君の事を大切に思っている」
なんて嬉しい言葉を投げかけてくれたりしていました。
私も彼と常に「会いたい」と思っていました。
見慣れた顔に聞きなれた声・・・時には会話の‘ネタ‘も無いこともあります(笑)
それでも私は彼と会いたいというストレートな感情がかげることはありませんでした。
と、同時にこの心をなくしたくないと心底思うのです。
恋愛感情は、色々な表現や形ってあると思うのですが
やはり1番ベースにあるものって「会いたい気持ち」だと私は考えています。
無理をするのではなく、フラットな状態で彼と会いたいと望む気持ちを大切にしながら
彼の事ももちろん、大切な存在として慈しんでいけたらと思っています。